「マカナ」は不妊治療専門クリニックの産婦人科医も推奨する妊活サプリです。高齢出産の場合は特に幅広い栄養素を補う必要があるため日々の食事だけなくサプリメントでの栄養補給も重要です。マカナは35歳以上の高齢出産に必要な栄養素をすべて補うことのできるオールインワン妊活サプリです。


妊活開始56日で妊娠できた。

大学を卒業してから38歳で結婚するまで社会で働き続けていた私は「35歳以上の出産=高齢出産」であることすら知りませんでした。結婚から2年、生活も落ち着き18年間務めた会社を退職してようやく子供を作ろうと話し合った時、私は40歳、旦那41歳という年齢を迎えていました。インターネットで調べ、まずは2人でできることから始めようという結論に達し、市販の「ドゥーテスト®LH排卵日予測検査薬」によるタイミング法をはじめました。妊活開始後、基礎体温を測るようになって初めて自分の基礎体温が低いことに気づきました。低温期で35.7度・高温期も36度前後で日によって体温が下がってしまう日もありました。低体温はホルモンバランスの乱れが原因の可能性があるので、妊活サプリ「マカナ」による体質改善も夫婦で始めました。
マカナを飲み始めてから30日後、排卵日予測検査薬による2回目の排卵日が来た時には基礎体温が大きく改善され、排卵日前の低温期が36.2度・排卵日後の高温期は36.8度前後で安定しており、14日以上高温期が続いたので「もしや」と思って検査をしてみると妊娠していました。

実は40歳でも8割は妊娠できる

世の中では「40歳を過ぎたら妊娠は絶望的」という考えが常識とされていますが、晩婚化の影響はあるにせよ40歳以上の出生件数は毎年増加しています。さらに、医療の進歩に伴い不妊症や病気などこれまで妊娠をあきらめていた夫婦でも妊娠できる可能性が増えてきました。

「昭和時代、晩婚女子の40代39%が子供を産んでいた」というデータがあります。不妊症のうち女性側に原因がある場合は全体の約1/3と言われているので、仮に男性側に問題がなければ60%近い女性が子供を産むことが可能だったことになります。

排卵日予測などの基礎知識やサプリメントによる栄養素の補給に加え体外受精など先端医療の導入を加味すれば40歳でも80%は妊娠が可能です。

高齢出産に必要な成分がすべて含まれている

高齢出産にはリスクもあります。マカナはそれらのリスクを軽減するために必要な成分がすべて含まれています。

染色体異常

ダウン症候群をはじめとする染色体異常は35歳以上の出産に起こる確率が上がると言われていますが、今のところ確実な予防方法がありません。その為、高齢出産の場合は卵子と精子をできるだけ若く保つ必要があります。

卵子を若く保つための女性ホルモン「エストロゲン」に有効な成分

亜鉛 エストロゲンの分泌を促進
ビタミンB群 エストロゲンの代謝を促進
ビタミンE エストロゲンの活性化

精子を若く保つために有効な成分

コエンザイムQ10 抗酸化作用で精子の老化を防止
ポリフェノール 体内の活性酸素の増加防止
ビタミンE 精子の老化を防ぐ「子宝ビタミン」

妊娠高血圧症候群

妊娠高血圧症候群は妊娠中に高血圧あるいは高血圧と蛋白尿の症状が現れることを言います。妊娠すると赤ちゃんに血液を送るため血圧が上がりますが、妊娠20週以降~分娩後12週の間でも高血圧が続く場合は母体や胎児に合併症を引き起こす可能性があります。35歳以上の妊娠・初めての妊娠の方に多く予防策としてはホルモンバランスの安定と食事のカロリー・塩分の制限があります。

ホルモンバランスの安定に有効な成分

亜鉛 エストロゲンの分泌を促進

ビタミンB6 ホルモンバランスを整える

カロリー・塩分の制限に有効な成分

カリウム 血圧の安定・余計な塩分の排出

現役産婦人科も推奨

マカナは現役の産婦人科医からも推奨されている妊活サプリです。「はらメディカルクリニック」の高橋しづこ医師は自身も39歳で第1子、41歳で第2子、43歳で第3子といずれも高齢での出産をしており、自身の経験から妊活のサポートをするための必要成分がすべて配合されたサプリとして女性だけでなく男性にもおすすめしています。

妊娠後も胎児の成長にも効果的

高齢出産では妊娠後にママの体調不良が起こりやすいです。妊娠中も絶えず赤ちゃんに栄養を与えるためにママの体調管理は重要です。マカナは妊娠後も胎児の成長をサポートするためにママの健康と胎児の成長に必要な栄養素が含まれているので、赤ちゃんが元気に生まれるまで飲み続けられます。

マカナで皆さんも元気な赤ちゃんを産んでくださいね。